【seedsドローン】マルチコプター型ドローンによる音の測定技術

山梨大学 工学部 メカトロニクス工学科 准教授 北村 敏也

■概要

マルチコプター型ドローンは、映像撮影で急速に利用が増えていますが、音の測定についてはドローンのモータやブレード(プロペラ)の回転に伴う騒音が大きいため用いられていません。

本技術では、事前にブレードの回転と発生音の関係を把握しておき、ドローンに取り付けたブレードの回転センサーとマイクロフォンでブレードの回転タイミングと音を記録することで、ブレードの回転タイミングから発生音を予測し収録音から差し引くことで、ドローンの自己騒音の影響の少ない音信号を得ることができます。

■活用例

・音声を含めた映像の空撮

・山林などでの遭難者の声からの捜索

・上空からの環境騒音の測定

■お問い合わせ

山梨大学 研究推進・社会連携機構 社会連携・知財管理センター 

TEL. 055-220-8758  FAX. 055-220-8757

E-MAIL renkei-as@yamanashi.ac.jp

URL. https://www.scrs.yamanashi.ac.jp/

The following two tabs change content below.
国立大学法人 山梨大学  所在地 山梨県 甲府市 研究推進・社会連携機構 社会連携・知財管理センター WEBサイト <a webサイト https://www.scrs.yamanashi.ac.jp/

最新記事 by 国立大学法人 山梨大学 研究推進・社会連携機構 社会連携・知財管理センター (全て見る)

国立大学法人 山梨大学 研究推進・社会連携機構 社会連携・知財管理センター

投稿者プロフィール

国立大学法人 山梨大学 
所在地 山梨県 甲府市
研究推進・社会連携機構 社会連携・知財管理センター
WEBサイト https://www.scrs.yamanashi.ac.jp/

関連記事

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る