【seedsドローン】光学的計測法を用いた仮設足場を必要としない橋梁点検診断技術の開発

長崎大学 総合生産科学域 工学研究科 教授 松田 浩

工学研究科 技術職員 出水 享

■概要

仮設足場を用いることなく,老朽化した橋梁の劣化情報を効果的・効率的・高精度に検出する技術の開発を行っています。使用機材は,デジタルカメラ,レーザードップラー速度計,ドローン,3Dレーザースキャナ―などです。

―具体的な開発事例として,以下のような技術を開発しました―

・橋梁のひび割れや錆びなどの変状検出技術

・橋梁の変位・振動・応力集中検出技術と構造同定のためのFEM解析

・塗装を除去することなく鋼橋の疲労亀裂を検出する技術

■特色

・仮設足場を利用せず橋梁を点検可能なためコストを抑えることができます。

・遠隔非接触かつ高精度に橋梁点検ができます。

・デジタルカメラ,レーザードップラー速度計,ドローンなどを用います。

・ユーザーフレンドリーな技術です。

・橋梁の変位,ひずみ,ひび割れ,振動の計測が可能です。

・動的な現象を計測することができます。

・鋼橋において塗装の内部の亀裂を検査できます。

・定期的に計測することでモニタリングができます。

・FEM解析と併用することで効果的な評価が可能です。

■社会実装への展望

光学的全視野計測法を用いた橋梁の検査法や検査装置の開発に関しては,多くの実績やノウハウを保有しています。また,学会・協会など各団体から多くの顕彰を受けています。橋梁の検査技術にお困りでしたら,お気軽にお問合せください。

■お問い合わせ

長崎大学 研究開発推進機構 研究推進部門 産学官連携推進室

TEL:095-819-2231 FAX:095-819-2228

The following two tabs change content below.
国立大学法人 長崎大学  所在地 長崎県 長崎市 産学連携センター webサイト http://www.nagasaki-u.ac.jp/

最新記事 by 国立大学法人 長崎大学 研究開発推進機構 研究推進部門 産学官連携推進室 (全て見る)

国立大学法人 長崎大学 研究開発推進機構 研究推進部門 産学官連携推進室

投稿者プロフィール

国立大学法人 長崎大学 
所在地 長崎県 長崎市
産学連携センター
webサイト http://www.nagasaki-u.ac.jp/

関連記事

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る