【seedsビッグデータ】質の高い調査データによる社会の暗数把握

『質の高い調査データによる社会の暗数把握』

埼玉大学 社会調査研究センター 教授 松本正生

 

■キーワード

サーベイ・リサーチ/調査のコンサルティング/社会調査/世論調査

■研究概要

社会の正確な把握には質の高いデータが不可欠です。選挙の投票行動を予測する時、低い回収率の調査結果には投票者だけが過剰に代表され、棄権者情報は捕捉できません。われわれの高回収率調査によれば、投票所への所要時間と居住年数という2つの要因の関数関係で投票率が決まることがわかります。(図1)また、継続調査によるコホート・データからは若者の政治意識が、政治家のマイナスイメージを起点にしていることが確認できます。(図2)

 

■産業界へのアピールポイント

・モデルはシンプルに、ただし、精確なデータがなければシンプルなモデルは作れない

・ビッグデータの後付集積解析には、セカンドオピニオン・データのサポートが必要

・データの質を見極めるには、データ・プロセスをスーパーバイズする眼力が必要

 

■実用化例・応用事例・活用例

・「インターフェース型調査」=「全国統一治安意識調査」(警察庁)

・「日本の世論(定例調査)」(毎日新聞社・埼玉大学社会調査研究センター共同調査)

・「人口減少に対応した地域づくり調査」(埼玉県・埼玉大学社会調査研究センター共同調査)

・「さいたま市民政治意識調査(定例調査)」(埼玉大学社会調査研究センター)

・「平均内閣支持率」指標(http://ssrc-saitama.jp

 

■最近の研究テーマ

・自記式ミックス・モード調査の開発

・スマートフォン=SMS調査の開発

・「寄付型世論調査」実装による調査のルール・チェンジ

・主権者教育アドバイザー(総務省)

 

■お問い合わせ先

埼玉大学オープンイノベーションセンター

048-858-3849

coic-sangaku@ml.saitama-u.ac.jp

 

 

The following two tabs change content below.
国立大学法人 埼玉大学 所在地 埼玉県 さいたま市 オープンイノベーションセンター webサイト http://www.saitama-u.ac.jp/

国立大学法人 埼玉大学 オープンイノベーションセンター

投稿者プロフィール

国立大学法人 埼玉大学
所在地 埼玉県 さいたま市
オープンイノベーションセンター
webサイト http://www.saitama-u.ac.jp/

この著者の最新の記事

関連記事

運営協会情報

提供協力 WEBサイト

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る