【seedsビッグデータ】ビッグデータを支える超高速サーボ信号記録

茨城大学 工学部付属グリーンデバイス教育研究センター 大学院理工学研究科 電気電子システム工学専攻 副センター長/准教授 小峰 啓史

■概要

ビッグデータを支えるためにはデータセンター向けハードディスク供給が重要ですが、従来ハードディスクを出荷するために記録していたサーボ信号(磁気ヘッドの位置情報)の記録時間が数日にもわたることが問題でした。本技術であるパターンドマスター磁気転写法は、パターンドマスターを用いて、ハードディスク全面にわたってサーボ信号を一括書き込みすることが可能です。そのため、サーボ信号の記録時間は数秒で行えるため、ハードディスクの生産効率を飛躍的に高めることが期待されます。さらに、従来パターンドマスターで問題であったSN比を、ダブルマグネット方式の採用することでSN比を6ⅾB高めることに成功しました。

■活用例

・ハードディスク装置の生産効率の飛躍的向上

・磁気パターンの一括記録によるサーボ信号記録および定型磁気パターンの提供

■お問合せ

茨城大学 研究・産学官連携機構 

E-MAIL. iric@ml.ibaraki.ac.jp

URL. http://www.iric.ibaraki.ac.jp/

TEL. 0294-38-5005

FAX. 0294-38-5240

The following two tabs change content below.
茨城大学 所在地 兵庫県 日立市 研究・産学官連携機構 webサイト http://www.iric.ibaraki.ac.jp/

最新記事 by 茨城大学 研究・産学官連携機構 (全て見る)

茨城大学 研究・産学官連携機構

投稿者プロフィール

茨城大学
所在地 兵庫県 日立市
研究・産学官連携機構
webサイト http://www.iric.ibaraki.ac.jp/

関連記事

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る