【seedsビッグデータ】IoTをベースとした次世代広域道路状況ビッグデータシステム

岩手県立大学 研究・地域連携本部 特任教授 柴田 義孝

共同研究者 岩手県立大学 研究・地域連携本部 研究員 櫻庭 彬

■概要

多様なIoTセンサを車両に搭載して周期的にデータを取り込み、AI技術を使って道路状況を迅速かつ的確に判断する。そして、異種規格の無線多重による車車間・路車間通信方法を用いて相互に交換・伝達することで、車同士が道路状況を事前に把握し、危険個所を共有、リアルタイムに注意喚起を行うことが可能になる。加えて、気温、気圧等の広域の気象メッシュデータをクラウドに集積しビッグデータとして解析することで、広域に道路状況を予測することが可能になる道路状況ビッグデータGISシステムである。

■活用例

・積雪・凍結時の注意喚起システム

・除雪運行管理システム

・除雪剤散布管理システム

・積雪寒冷地域向け自動運転システム

■お問い合わせ

岩手県立大学研究・地域連携室 

TEL. 019-694-3330 FAX. 019-694-3331

E-MAIL. chiren@ml.iwate-pu.ac.jp

URL. https://www.iwate-pu.ac.jp/research/

The following two tabs change content below.
公立大学法人 岩手県立大学 所在地 岩手県 滝沢市 研究・地域連携室 webサイト https://www.iwate-pu.ac.jp/research/

最新記事 by 公立大学法人 岩手県立大学 研究・地域連携室 (全て見る)

公立大学法人 岩手県立大学 研究・地域連携室

投稿者プロフィール

公立大学法人 岩手県立大学
所在地 岩手県 滝沢市
研究・地域連携室
webサイト https://www.iwate-pu.ac.jp/research/

関連記事

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る