【seeds次世代アグリ】農地環境モニタリングシステムの開発

石川県立大学 准教授 百瀬年彦

■目的

農業が土壌環境に与える影響を明らかにする

■概要

土の物理的・化学的環境のモニタリングシステムを開発する。このモニタリングシステムを慣行農法・有機農法・自然農法など農法の異なるさまざまな農地や耕作放棄地に設置し、長期計測を行う。得られた計測データから個々の農地における土壌環境の特徴を明らかにし、農業が土壌環境にどのような影響を与えるのかを明らかにする。

■支援できる技術

・土の物理性に関する測定

・土の物理的・化学的環境に関する計測

・土の熱移動解析

■お問い合わせ

石川県立大学 産学官連携学術交流センター

Tel 076-227-7566 Fax 076-227-7557

The following two tabs change content below.
石川県立大学 所在地 石川県 野々市市 産学官連携学術交流センター webサイト https://www.ishikawa-pu.ac.jp/

最新記事 by 石川県立大学 産学官連携学術交流センター (全て見る)

石川県立大学 産学官連携学術交流センター

投稿者プロフィール

石川県立大学
所在地 石川県 野々市市
産学官連携学術交流センター
webサイト https://www.ishikawa-pu.ac.jp/

関連記事

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る