【seeds シニアライフ】コミュニケーションロボット(Unibo)による口腔体操支援システム

『コミュニケーションロボット(Unibo)による口腔体操支援システム』

長崎県立大学 情報システム学部 情報システム学科 教授 辺見 一男

共同研究者 長崎県立大学 看護栄養学部 講師 三重野 愛子・ 准教授 山口 多恵

 

■技術概要

コミュニケーションロボット(Unibo)を用いて口腔機能訓練の一つである「ぱたから体操」を行うシステムです。このシステムは、食事の時間になるとUniboが高齢者に対して「そろそろ食事の時間ですね。その前にお口の体操をしましょう」と声を掛けて、高齢者と一緒にパタカラ体操を行い、実施したかどうかを医療施設にメールで報告することができます。また、Uniboは簡単な会話を行うことができるので高齢者の話相手になります。Uniboを一人暮らしの高齢者宅に設置すれば、高齢者の安否確認に使うこともできます。

 

■想定される活用例

独居高齢者宅での活用

・高齢者の口腔機能向上

・高齢者の見守り

・高齢者の健康維持

医療施設との連携(メールによる報告)

 

■お問い合わせ先

長崎県立大学

URL:http://sun.ac.jp/

 

 

The following two tabs change content below.
長崎県立大学 所在地 長崎県 佐世保市 経営学部・地域創造学部 webサイト http://sun.ac.jp/

最新記事 by 長崎県立大学 経営学部・地域創造学部 (全て見る)

長崎県立大学 経営学部・地域創造学部

投稿者プロフィール

長崎県立大学
所在地 長崎県 佐世保市
経営学部・地域創造学部
webサイト http://sun.ac.jp/

関連記事

運営協会情報

提供協力 WEBサイト

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る