【seeds LED】 新規白色LED照明を用いた収穫後の青果物におけるビタミンC保持技術の開発

『新規白色LED照明を用いた収穫後の青果物におけるビタミンC保持技術の開発』

           静岡大学 農学部 共生バイオサイエンス 加藤 雅也 教授

■技術キーワード: 白色LED、青果物、ビタミンC

【新技術の概要】

・研究開発の背景

ブロッコリーは、収穫後、急速にビタミンC 含量が減少し、鮮度が損なわれる。収穫後のブ ロッコリーへの青色LEDを用いた光照射は、 ブロッコリーのビタミンC含量を減少し、赤色 LED を用いた光照射は、ビタミンC含量を保持す ることが明らかとなっている。本研究では、青 色光を低減した新規の白色LEDを用いた光照 射によるビタミンC保持について調査を行った。 また、ビタミンC保持のメカニズムを明らかに すべく、関連遺伝子の発現を調査した。

・主な研究開発成果

収穫したブロッコリーに、図1のような波長 スペクトルの異なる3種類の異なる白色LED を用いて光照射を行った。

青色光を低減した白色LED Cを用いることにより、図2のように、収穫後のブロッコリーの外観が良くなり、また、ビタミンC含量も 保持された。

 

【従来技術・競合技術との比較】

ショーケースや冷蔵庫の照明として、青色光や 赤色光は青果物の外観色や鮮度の見分けが困難 で不向きなのに対し、本技術の青色光を低減した新規の白色LEDは、外観色の保持も可能で あり、使用が期待できる。また、青果物のビタミンC含量が損なわれる可能性がある白色LEDの問題点が解決できる。

【想定される技術移転】

青色光を低減させた新規の白色LEDを用いて、収穫後のブロッコリーに光照射を行いビタミンC含量の変動を調査した結果、新規の白色 LEDは、従来の白色LEDよりも、ビタミン C含量を保持したことから、ビタミンCなどの 栄養成分を保持することが必要な冷蔵庫等の電気製品製造企業や、照明器具メーカー等と連携 し、実用化を目指したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カンキツ果実の赤色色素の生合成メカニズムの解明 おいしそうな色のミカンをつくる

https://www.youtube.com/watch?v=kJZHf4P6Os8&feature=youtu.be

 

※シーズについてのお問い合わせ

静岡大学 イノベーション社会連携推進機構

TEL: 053-478-1702

E-mail: sangakucd@cjr.shizuoka.ac.jp

 

The following two tabs change content below.
国立大学法人 静岡大学
国立大学法人 静岡大学 所在地 静岡県 浜松市 webサイト http://www.shizuoka.ac.jp/

関連記事

運営協会情報

提供協力 WEBサイト

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る