【seeds 熱中症対策】耳内型持続温度計による高体温障害予防

早稲田大学 人間科学学術院 永島 計 教授

■背景

・労働や運動中の熱中症対策は今後大きな問題となる

・個人の高体温障害を判断するための生体モニタリング手段はない

・リスク予知、判断のためのフィールド用深部体温計の開発が必要

■概要

・フィールドでの深部体温測定を可能とするデバイス作成

・環境温度や生体の状態(過剰な発汗や意識レベル、活動)に影響されにくいデバイス開発

・個人の連続測定が可能なデバイス作成

■優位性

・深部体温(直腸温)と相関する耳内型鼓膜温度センサー提供

・生理学実験によって実証された正確性と再現性

・携帯端末を用いた生体信号ログの利用、中央管理の可能性

■応用・展開

・極限暑熱環境での労働安全管理システム

・学校現場でのスポーツ時の安全管理

・体力づくり、暑熱順化の指標など個人スポーツアイテム

■お問い合わせ

早稲⽥⼤学リサーチイノベーションセンター

E-mail : contact-tlo@list.waseda.jp

Tel : 03-5286-9867

The following two tabs change content below.
早稲田大学 所在地 東京県 新宿区 リサーチイノベーションセンター webサイト https://www.waseda.jp/top/

早稲田大学 リサーチイノベーションセンター

投稿者プロフィール

早稲田大学
所在地 東京県 新宿区
リサーチイノベーションセンター
webサイト https://www.waseda.jp/top/

この著者の最新の記事

関連記事

運営協会情報

提供協力 WEBサイト

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る