高知から発信する下水道の未来 第4回シンポジウム

 「小規模自治体における下水道事業の未来」を開催します

 全国の小規模自治体は、人口減少や財政状況の悪化、施設の老朽化等の課題に直面していますが、このような状況下においても持続的に下水道事業を運営していくことが求められています。 全国に先駆けて人口減少等の課題が進んでいる高知県では、高知市をはじめ県内各地で課題解決に向けた新たな技術開発に取り組んでおり、その技術は全国や海外にも広がってきました。

 このたび高知大学では、高知市等の技術を全国の下水道関係者等へ紹介することで持続可能な下水道を達成する一助となることを目的とし、「小規模自治体における下水道事業の未来」を総合テーマに、高知から発信する下水道の未来、第4回シンポジウムを下記のとおり開催します。

多数のご参加をお待ちしております。

【開催概要】

 日時:2021年1月13 日(水)13:00~16:00

 会場:Zoom によるWebinar 開催

 ・申込方法:開催案内に添付の申込受付フォームよりお申し込みください。

 ・定員:500名(先着順)

 ・参加費:無料

 ・申込締切り:2020年12月28日(月)

( 締め切り後のお申込み、お問い合わせは以下のお問い合わせ先までお願いします。)

 ・共 催:高知大学、高知県(予定)、高知市(予定)

 ・後 援:須崎市(予定)、香南市(予定)

 ・協 賛:(株)日本水道新聞社

 ・プログラム

  13:00 開会挨拶

  13:20~14:20 特別講演  

 「フランス・ドイツ・日本の上下水道PPPの比較考察~日本の方向性を考える~」

 東京大学 下水道システムイノベーション研究室特任准教授 加藤 裕之 氏

  「下水道施設と都市ごみ焼却施設の連携について」

   京都大学 大学院工学研究科都市環境工学専攻准教授 大下 和徹 氏

  14:30~15:20 一般講演

 「須崎市コンセッション事業を自治体の立場から考える」 

  須崎市 建設課下水道担当参事兼都市計画係長 西村 公志 氏

 「須崎市コンセッション事業を民間事業者の立場から考える」

 (株)クリンパートナーズ須崎 企画管理部長兼調査計画部長 高井 敦紀 氏

  15:20~15:50 パネルディスカッション

   コーディネーター:藤原 拓 氏

   パネラー:加藤 裕之 氏、大下 和徹 氏、西村 公志 氏、高井 敦紀 氏

  15:50 閉会挨拶

  16:00 閉会

お問い合わせ:高知県土木部公園下水道課

TEL:088-823-9854 E-mail: 171801@ken.pref.kochi.lg.jp

高知県:https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/171801/2020120700015.html

高知大学:http://www.kochi-u.ac.jp/events/2020120900026/

高知大学 物部総務課IoP事業推進室事務室

投稿者プロフィール

高知大学
所在地 高知県 高知市
物部総務課IoP事業推進室事務室
webサイト http://www.kochi-u.ac.jp/index.html

この著者の最新の記事

関連記事

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る