【インタビュー企画】実際に産学連携を行った企業のリアルな声をお聞きします

今回は自社製品であるネイル機器の検証を大学に依頼されたプログレスアイランド㈱代表取締役の前島みどりさんにお話を伺いました。

 

―まず、大学に検証をお願いした理由を教えてください―

『はい、販売するにあたり、安全性があるかを明確にしたい、赤色LEDが爪に対して良い結果が得られるか明確にしたい、赤色LEDについて最も詳しい先生からの意見を聞きたい、この3点からご依頼しました。』

 

―実際に依頼していかがでしたか―

『実は、検証をお願いする事は、簡単だと思っていたんです。でも、想像もできないプロセスが沢山あり、正直驚きました。例えば、倫理審査委員会に、通さなければ検証すらできないなど。だれでも、お願いすればできるものではないという、厳しさを知りました。』

 

―被験者をお願いする場合は倫理審査委員会への申請、承認は必須ですからね。時間もかかったと思いますが、それらを経て、検証結果が出た時はどうだったのでしょうか―

 

『はい、思っていた以上の良い結果がでて、長い期間がかかりましたが、とても満足できたとともに安心して販売できるという自信がもてました。取り引き先の代理店様にも大変喜んで頂けました。』

 

―検証結果をどのように活用しているのでしょうか―

『まず、赤色LEDが肌や爪に良いということを知らない方が多いので、それを認知してもらうための資料として活用しております。また、赤色LED関連の医学論文を既に掲載されている大学の先生にお願いできた事で、競合他社との差別化を大きく持つことができ、機器に対する信頼度を一気に高める事ができました。実際には、パンフレットやチラシなどに、活用しています。』

 

―では、最後に産学連携を今後望んでいる企業に向けアドバイスをお願いしますか―

『弊社では皮膚科の中で特に赤色LEDに詳しい先生にご協力頂くことを希望し、自社でも探していましたがコンタクトを取る手段はありませんでした。そこで、産学連携推進協会様に間に入って頂いたことで、希望していた赤色LEDがご専門の皮膚科の先生に弊社製品の皮膚科学的検証をお願いすることが出来ました。さらに教授としてご多忙である先生との日程調整、細かいスケジュールの管理や倫理審査委員会申請のための資料作りなど、知識と経験の無い私共だけでは不可能であったと考えますので、大学と企業を結ぶ事業を専門に扱っているところへご相談にいくことをまずはお勧め致します。』

 

―各大学にも産学連携の部門はありますのでそちらへ直接のご相談もできますが、ちょっと敷居が高いかなと感じるならば専門の業者に依頼するのも選択肢の一つになりますね。ありがとうございました。―

 

プログレスアイランド株式会社

代表取締役 前島みどり

■事業内容

・エステ機器販売 販売元

・オリジナル化粧品開発、販売

・「ちょっとお手入れ」フランチャイズ本部、運営

・ハンドキュアリスト育成、募集

企業サイト https://progress-island.com/

 

The following two tabs change content below.
産学連携推進協会

産学連携推進協会

一般社団法人 産学連携推進協会  所在地 東京 中央区 WEBサイト http://kyoju.net
産学連携推進協会

産学連携推進協会産業界にアカデミックなバックアップ

投稿者プロフィール

『企業』と『大学教授』をつなぐ産学連携サービスを提供しています。

これまでとは違う新しい切り口で産学連携の推進を目指し、産学連携の間口を広げ、産学連携を推進することを目的としています。

この著者の最新の記事

関連記事

運営協会情報

提供協力 WEBサイト

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る