国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は【nanotech2023】に出展致します。

知的財産マネジメント推進部は、ライセンスによる技術移転を見据えて2023年2月1日(水)~3日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第22回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議(nanotech2023)」に出展します。

JSTが保有する特許等の中から、ナノ材料・ナノデバイスに関連する厳選した技術を紹介します。

今回は、エマルション(微小液滴)生成技術、応力や粘度に応答する光機能分子、表面修飾炭素材料の技術に関する展示を行います。

また、今回は、名古屋大学で発明された負熱膨張材料の実装を目指して、JST研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム(START)から設立されたベンチャーである株式会社ミサリオ<http://www.misario.co.jp/>についてもJSTブース内で出展します。

皆様のお役に立つ技術があれば幸いです。皆様とお目にかかる機会を心より楽しみにしております。

なお、展示会開催と並行して、オンライン展示も行います(2023年2月28日(火)まで)。併せてご覧ください。

■ nanotech2023出展概要

【会期】  2023年2月1日(水)~2月3日(金)

【会場】  東京ビッグサイト 東ホール(JSTのブースは東1ホール、小間番号は1N-16です。)

【出展技術】

整理番号技術の名称代表発明者・所属
1均一な液滴を速く、大量に!
並列流路を使った最新の『エマルション(微小液滴)』生成技術
西迫 貴志(東京工業大学)
2応力や粘度に応答する光機能分子『FLAP』:その特性と応用齊藤 尚平(京都大学)
3表面修飾炭素材料及び表面修飾炭素材料の製造方法田原 一邦(明治大学)

◆発表技術の概要については下記よりご覧ください。 

JST ページ

nano tech 2023 ページ

※ご関心がある方は是非下記お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先

〒102-8666 東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ

科学技術振興機構

知的財産マネジメント推進部 知財集約・活用グループ

TEL:03-5214-8486 FAX:03-5214-8417 E-mail:license@jst.go.jp

※お問い合わせの内容によっては、回答に時間を要する場合があります。
 

The following two tabs change content below.
国立研究開発法人 科学技術振興機構  所在地 東京都 千代田区 産学連携展開部産学連携プロモーショングループ webサイト https://www.jst.go.jp/

最新記事 by 国立研究開発法人 科学技術振興機構 産学連携展開部産学連携プロモーショングループ (全て見る)

国立研究開発法人 科学技術振興機構 産学連携展開部産学連携プロモーショングループ

投稿者プロフィール

国立研究開発法人 科学技術振興機構 
所在地 東京都 千代田区
産学連携展開部産学連携プロモーショングループ
webサイト https://www.jst.go.jp/

この著者の最新の記事

関連記事

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。