【seeds 新しい体験型コンテンツ】『ohmic-Touch:タッチ入力面に物を載せるインターフェース』

『ohmic-Touch:タッチ入力面に物を載せるインターフェース』

お茶の水女子大学 人間文化創成科学研究科 池松香研究員、椎尾一郎教授

 

■概要

・静電容量方式のタッチパネルにおけるオブジェクトを介したインターフェースの多くはタッチ入力発生有無のみを利用

・多段階的な入力を行うには静電容量を変化させる方法があるものの、静電容量を調整する機構を小型かつ精密に作成することは容易ではない

Ohmic-Touchでは、オブジェクトに電気抵抗部品を組み込みユーザの操作により連続的な入力を可能とする

 

(タッチ入力発生有無のみを利用したインタフェース例)

 

■Ohmic-Touch

・静電容量方式のタッチパネルはタッチ点からGNDへ至る経路のインピーダンスを計測しているため、抵抗値変化を検出可能

・インピーダンス直流抵抗成分を入力に用いることで連続(アナログ)的なタッチ入力を実現

機能タッチペン、スマートトイ、スマホ用ゲームコントローラー等のアタッチメント等に利用可能!

 

 

http://orange.siio.jp/~ikema2/index.php/research/ohmic-touch/

 

■Ohmic-Touchの応用例としてMicrosoft Research (北京)と共同研究でOhmic-Stickerというデバイスを開発

タッチパネルに貼り付けるのみでTrackPoint (IBM) のような、指先による力加減に応じた入力が可能

(TrackPoint, IBM)

 

http://orange.siio.jp/~ikema2/index.php/research/ohmic-sticker/

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
国立大学法人 お茶の水女子大学 所在地 東京都 文京区 人間文化創成科学研究科 教授 梶尾一郎・研究員 池松香 webサイト http://www.siio.jp

最新記事 by 国立大学法人 お茶の水女子大学 人間文化創成科学研究科 教授 梶尾一郎・研究員 池松香 (全て見る)

国立大学法人 お茶の水女子大学 人間文化創成科学研究科 教授 梶尾一郎・研究員 池松香

投稿者プロフィール

国立大学法人 お茶の水女子大学
所在地 東京都 文京区
人間文化創成科学研究科 教授 梶尾一郎・研究員 池松香
webサイト http://www.siio.jp

関連記事

運営協会情報

提供協力 WEBサイト

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る