総合地域研究所シンポジウム「Alとロボットが作る未来社会と人材育成」敬愛大学にて開催

敬愛大学(千葉市稲毛区 学長:三幣利夫)は12月8日(土)、

総合地域研究所シンポジウム「Alとロボットが作る未来社会と人材育成」

を開催します。

ロボット開発の第一人者である古田貴之氏(千葉工業大学 未来ロボット

技術研究センター所長)による基調講演のほか、敬愛大学の高橋和子教授

(国際学部)、星真実教授(経済学部)らによる報告や、パネルディスカ

ッションなどが行われます。※入場無料、要事前申し込み

 

◆敬愛大学 総合地域研究所シンポジウム2018

「Alとロボットが作る未来社会と人材育成」
【日 時】平成30年12月8日(土)13:30~16:30 敬愛大学3号館 3301教室
【定 員】100名

●基調講演「ロボット技術と未来社会」
古田貴之(千葉工業大学未来ロボット技術研究センター 所長)
●報告1「Alとは何か―得意なこと、苦手なこと」
高橋和子(敬愛大学国際学部教授)
●報告2「Al社会の課題―ベーシックインカムと社会保障」
星 真実(敬愛大学経済学部教授)
●パネルディスカッション「未来社会および人材育成の課題」

※シンポジウム終了後、意見交換会を開催

詳細はこちらまで

http://www.u-keiai.ac.jp/events/37_5bcdb13bdc91c/index.html

敬愛大学

敬愛大学IR・広報室

投稿者プロフィール

「敬天愛人」 -天を敬い、人を愛す-

開学以来西郷隆盛の「敬天愛人」を建学の精神として人材を育ててきました。
この言葉の根本に流れているのは、自己を絶対化しない謙虚な気持ちとヒューマニズムの精神です。

人間性豊かで学問的にもすぐれた教授陣、先端的情報機器の整った施設、小規模大学の特性を活かした「手作りの教育」。それらが、学生個々の内に秘められた可能性を引き出していくことと確信しています。

この著者の最新の記事

関連記事

運営協会情報

提供協力 WEBサイト

産学連携推進専門委員

ページ上部へ戻る